職人へのこだわりBAKER

職人によってまもられる
パンの美味しさがある。

ひたすらににパンと向き合うこがわ屋の職人が、
手作業で生地にこめる「美味しくなあれ」の魔法の言葉。

こがわ屋のパンは全て職人の手仕込み。職人の手の感触で見極め、その時々の天気や気温、時期ごとの小麦粉の違いによってミキシング・発酵・焼成を調整しています。手作業だからできる繊細な変化は熟練した職人の知識と確かな技術によって支えられています。
そのため高級食パンこがわ屋の職人は製パン以外の業務を極力なくし美味しいパンを作ることだけに専念しているのです。

  • パン職人の大切さIMPORTANCE OF THE BAKER

    「心からパン作りに向き合えない職人に美味しいパンは作れない」という信念のもとに、8時間労働や極力パン作り以外の雑務をしない環境づくりを徹底。
    もともと労働条件が厳しい業界だからこそ、そのあたりまえの取り組みが他店よりも美味しいパン作りへとつながっています。
    「ミキシング」「発酵」「焼成」その全ての工程に、ひたすら真面目にパン生地に向き合う職人の技が必要なのです。

採用情報RECRUIT

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

上部に戻る